トップページ > 検定情報 > 簿記検定
検定情報
簿記検定


簿記とは
企業規模の大小や業種、業態を問わずに、日々の経営活動を記録・計算・整理して、経営成績と財政状態を明らかにする技能です。企業の活動を適切、かつ正確に情報公開するとともに、経営管理能力を身に付けるために、必須の知識です。
簿記検定試験応援メッセージ

“世界一わかりやすい簿記講座をつくる” NHK高校講座簿記講師/公認会計士・税理士・証券アナリスト 渡部崇文さん
“簿記界のスーパースターを育てたい” 公認会計士・税理士・柴山公認会計士税理士事務所所長 柴山政行さん
“地方創生の主役は簿記を学ぶ商業高校生” 公認会計士・一般社団法人日本商業教育振興会代表理事 小島一富士さん
“簿記を楽しくわかりやすく” 「NHK高校講座 簿記」司会 タレント 酒井瞳さん
“サッカーをより大きな存在に~財務、会計の視点からも分析~” 元サッカー日本代表キャプテン ガンバ大阪ユース監督 宮本恒靖さん

☆過去の応援メッセージは こちらをご覧ください

輝く資格取得者

「簿記の力で憧れの職場に就職」 齋藤 綾さん
「日本で出会った簿記が、仕事に役立っています」 孫 曦晶さん
「どのような仕事でも簿記は必ず役立ちます」 吉井 久美子さん
「簿記もボクシングも真剣勝負です」 高木 千愛さん
「簿記で広がる無限の可能性」 城西大学簿記塾OBの皆さん

☆過去の輝く資格取得者一覧は こちらをご覧ください
受験資格
学歴・年齢、性別、国籍等に制限はありません。
お申し込み期間・試験日時
こちらのページでご確認ください。
お申し込み方法
こちらの専用サイトをご確認ください。

インターネットでお申込みされた方で登録情報を確認されたい方は インターネット申込確認画面をご確認ください

平成29年度簿記検定申込書(要項つき)(H29.3更新)
合格者特典
1級合格者:税理士法5条1項11号の規定に基づく税理士試験の受験資格が与えられております。
職業能力開発促進法第30条の規定に基づく公共職業訓練及び認定事業内職業訓練指導員資格試験における、
事務員試験科目の一部が免除されます。

※若年者の就職を支援する厚生労働省の「YESプログラム」において、企業が採用にあたって重視している就職基礎能力の1つである「資格取得」に選定されています。
合格発表
●第147回簿記検定試験(平成29年11月19日実施) 合格者受験番号
第147回簿記2・3級の合格発表
第147回簿記2・3級の成績照会
 ※成績照会はインターネットから受験のお申込みをされた方のみご利用できます。
 ※1級の合格発表は平成30年1月12日(金)の予定です。
●第146回簿記検定試験(平成29年6月11日実施) 合格者受験番号
第146回簿記1・2・3級の合格発表
●第145回簿記検定試験(平成29年2月26日実施) 合格者受験番号
第145回簿記2・3・4級の合格発表

学習方法
【通信教育】
当所では、(社)日本経営協会との連携により通信教育講座を提供しております。ご活用ください。



【学習支援サイト】
日本商工会議所より、日商簿記検定3級受験に向けた「日商簿記学習倶楽部」(無料会員登録制)が開設されました。
様々な学習コンテンツ・学習ツールを提供しておりますので、是非ご活用ください。
詳しくは、こちらをご覧ください。
お問い合わせ先
熊本商工会議所 会員サービス課
TEL:096-354-6688
お問い合わせフォームはこちら